• HOME
  • コンセプト
  • 診療の流れ
  • スタッフ
  • 医院情報
WEB診療予約
000-000-0000
文字サイズ
小
大

城山通りデンタルクリニック

歯を失った場合|経堂駅そばの歯医者「城山通りデンタルクリニック」|歯周病・インプラント・矯正

歯を失った場合

歯を失ってしまった方には様々な治療法を御提案します

[画像]歯を失ってしまった方には様々な治療法を御提案します

不幸にも歯を失ってしまった部分を補うのが補綴(ほてつ)治療です。
経堂駅近くの歯科医院「城山通りデンタルクリニック」では患者様のお口の中の状態やご要望に合わせて様々な治療法を御提案させていただきます。
補綴治療の中でもブリッジや入れ歯と異なり、専門的な知識や技術を必要とするのがインプラント治療です。

当院では日本口腔インプラント学会の認定専修医が在籍しているため患者様の安心・安全に配慮した治療が可能です。
歯を失ってしまった後の治療は当院へお任せください。

当院だからできる安全・安心のインプラント治療

[画像]当院だからできる安全・安心のインプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った箇所にチタン製の人工歯根、その上部に人工の歯冠を装着して歯の見た目と機能を回復させる治療法です。
埋め込んだチタン製のインプラントが顎の骨にしっかり結合するので、天然歯のような咬み心地やしっかりとした装着感が得られます。
1本で独立するので周囲の健康な歯に負担をかけることもありません。
人工歯冠に白いセラミック素材を使用すれば、非常に自然な見た目も実現します。
当院では安心・安全なインプラント治療をご提供するため、以下のような取り組みを行っています。

  • 口腔内を3次元画像で詳細に把握できる「歯科用CT」を用いて正確な診断とシミュレーションを実施し、安全性の高い手術方法を採用しています。
  • 厳格な衛生管理を行い、プライバシーにも配慮した個室診療室を完備しているので、安心して治療に専念していただけます。
  • 歯周病治療に特徴を持つ当院では、インプラントを埋め込む前に歯周病の初期治療をしっかり行います。
    歯周病を改善しておくことで、インプラント歯周炎などのリスクを軽減できます。
  • 当院では、日本口腔インプラント学会の認定専修医という資格を持つ担当医がインプラント治療を行います。
    難症例と呼ばれるケースにも対応可能です。
日本口腔インプラント学会認定専修医とは?

[画像]日本口腔インプラント学会認定専修医とは?

インプラント治療についての豊富な知識と高い技術を身につけた歯科医師が日本口腔インプラント学会の認定専修医です。
この認定を受けるためには、日本口腔インプラント学会に2年以上正会員として在籍し、さらに多くの認定資格条件を満たす必要があります。
インプラント治療を受ける患者様にはさまざまな不安があるかと思いますが、この認定が歯科医院を選ぶ際のひとつの判断材料になります。

インプラント治療の特徴
メリット デメリット
  • 周囲の健康な歯に負担を与えないので、その後に歯を失うリスクを抑えられる
  • 人工歯根と骨が強固に結合するので、天然歯のようにしっかりと咬めるようになる
  • セラミック製の人工歯を選択すれば、自然で美しい見た目が実現する
  • 人工歯根を埋め込む際に外科的手術をしなくてはならない
  • 自費診療となるため、比較的治療費が高額になる
  • 骨と人工歯根がしっかり結合するには時間が必要なため、治療期間が長くなる
治療後はメインテナンスを忘れずに

顎の骨と結合したインプラントは、正しいケアを行えば半永久的に使用することができます。
しかし、メインテナンスを怠ってしまうと、補綴物の破折や歯周病に似たトラブル「インプラント周囲炎」が起こってしまう可能性が高まります。
そのため、咬み合わせチェックや、レントゲンによる診査など、歯科医院での定期的なメインテナンスが大切です。

[画像]治療後はメインテナンスを忘れずに

ご自宅においては、天然歯と同じようにしっかりと毎日、正しいブラッシングを行うことが重要です。
特に接合部がある境目は汚れがたまりやすいため、しっかり落とすようにしてください。
歯間ブラシやデンタルフロスを使用するのも効果的です。

その他の治療法にも対応しています

経堂の歯医者「城山通りデンタルクリニック」では、インプラントの他にもさまざまな治療法をご用意しています。
患者様に最適なものをご提案しますので、まずは一度ご相談ください。

ブリッジ

[画像]ブリッジ

歯から歯へ人工歯を橋のように掛け渡すことで歯の機能を回復させる治療法です。
横並びに1本以上の歯を失ってしまった場合に有効です。

メリット デメリット
  • 保険適用の入れ歯に比べて自然な仕上がりが期待できる
  • 固定式なので装着時の違和感がない
  • 外科手術をしなくてすむ
  • 健康な歯を削らなくてはいけないことがある
  • 人工歯を支える歯に負担がかかるため、健康な歯の寿命が短くなる可能性がある
  • 適用できないケースもある
  • 歯ブラシのやり方を工夫しなければならないことがある
入れ歯

[画像]入れ歯

もっとも普及している補綴(ほてつ)治療です。
歯が1本も残っていない場合には総入れ歯、失った歯に合わせる場合には部分入れ歯をおつくりします。

メリット デメリット
  • 保険の入れ歯なら安価でつくれる
  • 自費の入れ歯なら見た目や咬み心地の良さ、耐久性などを追求できる
  • 外科手術をしなくてすむ
  • 治療期間が比較的短い
  • 取り外しができるのでメインテナンスがしやすい
  • 全身疾患がある場合も適用できる
  • 入れ歯の種類によっては発音が不明瞭になるケースがある
  • 入れ歯の種類によっては味覚や触感、温度感覚などが損なわれてしまう場合がある
  • 保険でつくる入れ歯は見た目が不自然で、入れ歯だと気づかれやすい
  • 保険の入れ歯は装着時に違和感が出ることがある
歯牙移植

親知らずなどの自分の歯を、欠損部分に移植する方法です。
歯根膜(歯を支えている組織)も一緒に移植できることや、保険が適用可能となるケースが多いことがメリットです。

[画像]歯牙移植

ページトップ